« 2007年08月 | メイン | 2007年10月 »

2007年09月 アーカイブ

2007年09月07日

「I LOVE HER」

新曲のタイトルです。
リスペクトいくえみ綾。ナニモカタルマイ。ヨミタマエ。
ついでに先生大好きシリーズ、くらもちふさこ「海の天辺」も結構くるぜ。

ま、そんな感じでポップチューンな新曲お披露目会だった
昨日のファンダンゴ。
あぁ楽しかった。最近ものすごくライヴが楽しくてならん。
ライヴ前はさ、だめなのよ。例のトラウマ(いきなりまた声を失ったらどうしよう。。急性声帯炎のキョーフ)と戦うこと50時間位。
だからよけいにいざステージ上がって歌いだすとハイテンションなんかもしれぬ。

昨日の男達は佐々木君と田中君の二人。
ジミヘンドリックス&エクスペリエンスなみの最強トリオだったさ、きっとさ。
実は声がやばかったりとか、またしてもギターコードとんでもて何弾いてるかわからんようになったりとかのあたしなりのアクシデントはてんこ盛りだったんだけど。
いいライヴだったよ!!といっぱいいろんな人がいってくれた。
いい大人だからさ、お世辞とか社交辞令とかにはもうごまかされないのだけれど、
昨日もらった言葉に嘘偽りは一切なかったです。自信ある。

ありがと。あたしまだまだやれそうな気がしてます。

マッカーサーアコンチもマスタリカもほんと素敵でした。
イベント組んでくれたスガさんもありがと。ファンダンゴももちろんありがと。
おかげで飲みすぎました。
朝起きてふいに発見した腕の落書きにちょっぴりときめきました。
高校生に戻ったみたいだ(未成年の飲酒はあきまへん)。いくえみワールドだ。
いろんな場所があっていろんな出会いがあって。
あたしは幸せだとほんとに思う。
「リカさん、今が一番いいですね。」昨日見に来てくれたコークへロのNAが言ってた。
NAとも古い付き合いだものね。もう15年くらいかな。
そうなの。思い出した。あたしはいつも今の自分が一番好きなのだった。

まだまだあたしやれるよねなにごとも。よし。

とりあえず風邪治そう。咳が止まらず今夜も眠れん。風邪治ったらまたビリーについていこう。

次は久々に一人で歌います。
男達やヤスイクライの評判が良すぎてやりにくいわ(笑)。
新たなプレッシャー。緊張感。。うん、秋っぽくていいんでないかい。

9月です。またひとつ年をとる、いや重ねるけれど。
どってことないわ。そんな気がする。
みんな、心置きなく、祝ってください。

2007年09月10日

週末は

テレビにかじりつきだったわけですよ。もうサンデーパパのごとく。
きつい咳止めの薬を飲んでいて、処方箋に「飲酒は絶対控えてください」と書かれていたので、
さすがにびびってビール片手に、とはいかなかったけれども。

こんな大事な試合を9時までしか放映しないなんて、何考えてんでしょうね?10チャンネル。
ま、あたしん家には闇チューナーがありますもんで。
しっかりケーブルで最後まで見ましたわよ。

いや~、すごかったのよねほんと。阪神vs巨人(決して巨人vs阪神とは書かぬ)3連戦。
結果的にはおかげさまで我らの3連勝だったわけだけれども。
いやいや敵ながらやるじゃん、よみうりも。
あのクールな顔でさらっと打たれたらもうおばちゃんTVの前で「くぅぅ~」てなもんですよ、二岡君。

しかし、強いな、虎。大丈夫か?息切れするなよ。
あたしてきにはまだ首位とかなってくれなくてもいいんだけど。追われるより追って最後にひっくり返してほしいんだけれど。

今年は正直あきらめてました。
プレイオフなんて俺たちにゃあ関係ないのだね~と思っていたのに。
いやいやほんと何があるかわかりませんのよね。
あきらめたらいかんのですよね。学びました。

さて、明日からは9連戦。
ありがたいことに最近仕事がほぼ昼間になったので、じっくりしっかりナイター見れるのだよ。
あたしも戦うよ。虎とともに。
はっぴ買わなきゃ。

2007年09月16日

連休2日目

とっても暇で予定のないあたしと父と母と息子と、
たいした目的もなく大津に向かいミシガンに乗ってみました。
結構なお値段。ま、1時間半ほど優雅に波に揺られて風をうけてみるわけです。
いや、思ったより快適でした。涼しかったし。さすがにどえらい人だったけれど。
行きはJR。帰りはおけいはん。
たいした目的もなかったわりにやたらと交通費(+ミシガン代)がかかった一日だった。

最近息子は悪ガキとして華々しく急成長です。
それはもうほんとに毎日発狂とため息の連続。こんな3歳児(もうすぐ4歳児)に本気でむかつくなんて、、、と自分の浅はかさや大人げなさに落ち込みながらも、あぁあたしに理性があってよかったよと胸を撫で下ろす。
しかし、今日は三回ほっぺたをぶちました。
「死ね!」と三回言ったからです。
どこでこんな言葉を覚えたんでしょうか?
あたしも「ご飯食べな死んでまうで~」とは言ったことあるけど「死ね!」なんて言ったこたぁない。
きっと『死ぬ』という意味をよくわかっていないはず。
だけど、言われた人がどんな気持ちになるのか、『死ぬ』ということがどういうことなのか、
誰かに「死ね!」と言われることは、ほっぺたを叩かれるよりももっともっと痛いのだということを、
あたしは三歳児相手に懇々と語りました。
きっとあんまりわかっていなのだろうけれど。
あたしもけっして言葉使いがいい方ではない。気をつけなきゃ。

息子は三回ほっぺたをぶたれてもしゅんとなるわけでもなく、必死で叩き返してきました。
たくましくていいんだけれど。
そのたくましさはもっと別なところで発揮してほしいもんだなぁ。
いまさらながら、子供を育てるって大変だなぁ、と思う。
あたしも親になりきれてないよなもんだしなぁ。はぁ。ため息深い秋の夜。

さ、風呂でも入ります。で、すぱっと寝よう。
明日も元気な息子でありますように。ほどほどに(笑)

%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%82%AC%E3%83%B3

2007年09月18日

朝、目覚めたら

ひとつ歳をくって、いや、重ねていた。
毎年毎年、誕生日と年が明ける瞬間だけは、とてもおごそかな気持ちで
そしてどきどきしたりなんかしながら時計を眺めつつ迎えるワタクシなのですが、
なんたることか今年の誕生日を迎えるまさにその瞬間、もうすっかり爆睡しておりました。
起きたら正月になってて「おめでとう」と言われてちょっと拍子抜けしちゃった小学生みたいだったよ。

ま、そんなわけでさらりと誕生日を迎えました。
ついでにジミヘンの命日も迎えました。
えらい歳になったもんだぜ。「江戸時代ならもうとっくに死んでたで!」と、昨日N枝が言ってました(笑)。
しかし昭和生まれのあたしにとってはまさしく人生の折り返し地点のような年齢。
だけどもやっぱりいくつになっても、これからとか明日とかにめいっぱい期待をかける。
希望とか夢とか願望に貪欲であり続ける。
いつもちょっと欲求不満。それこそがあたしの歌う原動力なのかもしれぬ。

さて、
気持ち的にはとてつもなくスペシャルデーなんだけども、
特別なイベントごともなく、いつもとおり仕事しまっす。

happy birthday to you 次の季節は
happy birthday to you いつもキラキラ
happy birthday to me 今日があること
happy birthday to me 感謝してくよ

2007年09月21日

意外性

印象と本質にギャップのある人ってなんか好き。
見た目ものすごくいかついのにすごく丁寧な挨拶ができるとか。
普段おおざっぱな雰囲気なのにメールがやたらかわいいとか。
ちなみにあたしはこう見えてきれい好きです。
部屋の掃除を済まさないと絶対外出しません。

午前中、クール宅急便が届きました。
昨年知り合ったばかりなのに、なぜか昔から知り合いのような。
それはあたしの昔の彼氏のお兄ちゃんと付き合っていたとかそのような因縁っぽい偶然ではなくて。
なんだろな~。出会うべくして出会ったような気がしてならぬ、DJまいこからの贈り物。
まいこ特製『バナナとベリーのベイクドチーズケーキ』
ke-ki
あたしへのハッピーバースデープレゼントとして送ってくれたんだけどね、
これがまたほんっっとにおいしかったのよ!!!
まいこもね、大酒飲みで毒舌はきでとんでもない音楽バカなんだけども。なんてったってDJだし(笑)。
料理とかこーゆーケーキとかお菓子とか作らせたらほんとにすごいの。
このギャップと意外性でずいぶんオトコをおとしてると思います。くそ、うらやましいぜ。

そんなDJまいこが近々ネットでこんなケーキとかお菓子とか販売しちゃうらしい。
でね、あんまりおいしかったもんだからさ、
本人に内緒で一足先に宣伝しちゃいました。
本格的に動きだしたらここでもまたどーんとお知らせしちゃいますが。
皆さん、どうぞ、チェックしといてください。
あたしは来週の息子の誕生日のバースデーケーキ、もう予約済みです。てへ。

さて、ケーキもたらふく食ったし、
明日は久々のソロライヴだぜ。何歌おうかな~。
ギターの弦張り替えながらぼちぼち考えるっす。
みんな見に来てね~。テハンノでっす。

2007年09月25日

お月見な夜に想ふ事。

日本の行事や習わしをとっても大事にする母から「食いなさい」とお月見団子を渡される。
実家からの帰り道、息子を乗せてママチャリをぶっ飛ばし見上げる月。
「大きくなったら月に行きたいなぁ~」
「お、いいね~。行きなさい行きなさい。でも勉強せななかなか難しいで~」
「、、、やっぱりやめとく」
「なんで??そんなに勉強が嫌なんかい?」
「、、、ウサギになりたくない、、」

そんな息子も明日で4歳になりますともさ。おめでたいです。
いろいろありますが、
「自分が持っていないものを持っている人よりも、自分が持っているものを持っていない人のことが、たまにすごくうらやましくなる」という銀色夏生さんの言葉が時々ものすごくわかってしまったりもしますが、
それでもやっぱりあたしは息子を産んでよかったと思う。
生まれてきてくれてありがとよ。と明日は声を大にして言ってやろう。

さて、
そんなまるでとっても良いママな今日のあたしなんだけど、
先週土曜日は久々にベロンベロンに酔っ払ってどこがママじゃい!なあたしでした。イン・テハンノ。
いいのいいの
たまにこうやってあたしはあたしのバランスを保っているのだよ。たぶんね。

久々のソロライヴでした。やっぱり妙な緊張感。
でもね、なんだろ。ほんとすっごく気持ちよく歌えたの。
しっかりかみしめて歌えた感じ。いつもどこか浮き足だった感が否めないのだけれど。
こないだのテハンノのあたしはしっかり地に足ついてたよな気がする。
共演の安井暗黒王子も、越名君も、砂川君も、みんないいライブしてました。
あんなライヴ、見ないと損だよ。うん。

で、すっかり気持ちよくなって飲みすぎてしまった。
あの場で出会った女の子3人組がちゃんと音楽の楽しみ方を知っているとっても素敵な子たちだったし、
いつものマルコムもきみちゃんもそばにいて。泥酔状態の店長もおもしろかったし。
いろんな相乗効果で楽しい宴でありました。

いろんなことがあります。
なかなか思うようにことが運ばなかったり。
誰かの言葉に傷つけられたり。メールしたらアドレス変わってたり。
いきなりまた新たにときめいてます、なんてうらやましいヤツもいるけどさ。ちぇ。
だけでもさ。
なんとでもなるよな気もするのです。人生なんてものはさ。
嫌だったら手放せばいいし。どうしても欲しけりゃがっつきゃいいし。
答えなんてたぶんないし。正解も不正解も、そりゃ人それぞれなんだってば。
願わくは。
キミがキミらしくいてくれたらそれでいい。
キミのシアワセをあたしは全力で応援しているのだよ。いつもそれとなく。

・・・そんな人が自分の近くにいてくれたら、シアワセだよね、きっとね。

2007年09月28日

生きてりゃいいさ

そうさ生きてりゃいいのさ。
喜びも哀しみも立ち止まりはしないのだから。
ね、英五さん。
生きてりゃ嫌なこともあるだろう。
でも生きてるだけでまるもうけなんだよ。
ね、呆平さん。

今も元気に歌をうたえることに感謝します。
どんなことがあったって死んだ方がマシだなんで絶対に思わない。
生きていたくてもそうすることが出来なかった人を前にそんなことは絶対に思わない。
これからも思わない。

直接お知りあいでもなんでもないのだけれど。
あたしの好きな音楽にはあなたの音がいっぱいつまってました。
そしてものすごく勝手にいつかあなたにあたしの歌を聴いてもらって、
あわよくば演奏してもらえたらなぁなんて、それがあたしのひとつの目標でした。
華のあるほんとに素敵なアーティスト、HONZIさん。ありがと。

チェリーママなあたしは、
ランブルフィッシュなあなたが、
いつもどこかちょっと羨ましかった。
あなたのホンモノ感とか存在感とかエナジーとか憂いとか。
あたしにないものをたくさんもってるあなたに
いつもどこかちょっと憧れてました。
芸大の学祭で一緒だったときも、磔磔でタイバンしたときも、
そんなこたぁ一度だって口にしたことはなかったけれどもね。
再びまたランブルフィッシュで歌うあなたをあたしは結局見れずじまいだった。
現時点で人生最大の心残りです。サジ君、おやすみ。

だからあたしは今日生きてることに感謝して。
きっと明日だって生き抜いてやるさと力強く歩いていきたい。

二人の偉大なるアーティストに愛をこめて。
HONZIさん、サジ君、フォーエヴァー。

About 2007年09月

2007年09月にブログ「NDARICCA*」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます

前のアーカイブは2007年08月です。

次のアーカイブは2007年10月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。。

Powered by
Movable Type